上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年5月24日。出産当日。                クラウン ブログランキング参加中  クラウン
                                               
                                   にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
この日の朝、7時に起床。
普通に夫を仕事へ送り出す。

8時30分。
NHKの朝の連続ドラマを見終わった後、
春の暖かい日差しにウトウト、、、、、

『30分ほど寝たら、ゴミを出しに行こう』

そう思いながら、本当に気持ちよく眠りの世界へ~。。。

30分ほどたったそのとき、、、、、


ガツン!!!!!


お腹に受けた、ものすごい強い衝撃で目が覚めた!!!


『なんだ!?なんだ!!??』


ぐわぁぁぁぁー!!!


身動きのできない痛みの、子宮収縮!!!


『陣痛だ!!!!』


一先ずトイレに駆け込むと、
チョロチョロチョロ、、、


『はっ、、、破水!!?』


すると、


ぐわぁぁぁぁー!!!


また、身動きのできない痛みに襲われる。。
時間の間隔は????

5分!!??


『これってやばくね!!??』


だって!!妊婦の雑誌とか読んでても、「陣痛が始まっても、初産は10時間以上かかるし、
焦らずタクシーなんかで病院に向かえば良いよ」って書いてたじゃん!!
それどころじゃないよ!!マジでもう産まれそう!!!

急いで仕事に出た夫を電話で呼び戻し、病院へも連絡。
運良くすぐに家に迎えに来てくれた夫の車に飛び乗り病院へ~。

すぐに診察後、陣痛室へ移動。

必死な私をよそに、先生含め、助産師さんも看護士さんもいたって冷静。
「初産だし。時間がかかるからね~。」って、、

陣痛室で夫と二人。
声を上げてもがき苦しむ私に対して、夫は

「頑張って!!もう少しだよ!!」って励ましてくれるんだけど、
そのときの私は、、


『あ??「頑張って」だと!?
 言われなくても頑張ってるよ!!』

『はぁ?「もう少し』だとー??
 あと何時間何分何秒だ!!言ってみろ!!』


って心の中で思いながら、、、汗))
最終的に夫に向かって、


「いいから黙って座ってて。」


って冷たくあしらう始末で、、、、

私が夫に立会い出産お願いしていた立場なのに、
後で思い返すと、なんて酷い扱いだったんだと反省。。

いや、でもそのときは必死だったんですよ、、、

そんなこんなでアレヨアレヨと子宮口は全開大に!!!
「え??もう??」ってさすがに周りも慌てだす!!

これから入院する部屋へ移る予定だったのに、
急遽、分娩室に移動!!

出産が始まる!!

陣痛が始まって、ずっと「ワーワー!!」とやかましく痛みに声を上げていた私も
イキミ始めると落ち着いた。

私はこの痛みから逃れるため、
とにかくうまくイキんで早く出す事に集中したのです!!


そして、、午後1時23分。


「オギャ~オギャ~!!」


元気なタクちゃんの泣き声が聞こえる。。。


『終わった。。。。』


そして、私は号泣。。。


って、一見、出産の感動を思う綺麗な涙のように聞こえますが、
この号泣の訳は、、


『「陣痛という、痛みからの解放された喜びの涙』、、、なのでした、、汗))


結局、分娩所要時間は『4時間29分』
先生も驚きの、スピード安産でした~♪

そんな我が子と初めて目をあわした瞬間、
私の第一声は、、、

「あっ・・・。どうも、こんにちは・・・。」 でした。笑))

『生まれてすぐのタクちゃん。』
07052414 IMG_0677_convert_20080521162947


そして、、、


この日、突然この世に誕生したタクちゃんが、


とうとう明日。。。


1歳のお誕生日を迎えます、、、、


クラウン ブログランキング参加中です クラウン

    にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
↑↑一日1ぽち応援クリックいただけると、育児の励みになります↑↑
    ↑↑ありがとうございました↑↑
スポンサーサイト
2007年5月23日。出産日前日。               クラウン ブログランキング参加中  クラウン
                                               
                                   にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
予定日を一週間以上過ぎていた私は、
この日、普通に病院へ妊婦検診へ、、、。

臨月に入ってから、すぐにお腹も下がってきたし、子宮口も開いてきていた、
ずっと、「いつ生まれてもおかしくないからね。」って言われてたんだけど、

この日の胎動のチェックでは、相変わらず私のお腹の中で
元気にバタバタと動き回っていたタクちゃん。。

「普通お産が近づくと、胎動っておとなしくなるんですよね??
 こんだけ動いてるって事はまだもう少しかかるのかな~。」

「そうかもね~。。。」

なんて会話を看護師さんとして、ため息をつきながら診察室へ、、
すると、子宮収縮の波をとった検査結果を見ながら、先生が一言。



「もしかして、陣痛、始まってない!???」



私 「へ???????」

先生 「痛くないの??」

私 「いや~。。確かに痛かったり?痛くなかったり??
    お腹の張りも強いけど、、まぁ~こんなもんじゃぁないですか??」

先生 「・・・・・。あ~、、そう?
    じゃぁ、もうそろそろ41週過ぎたことだし陣痛促進剤使うこと、検討していこうか。
    3日後に旦那さんと一緒にまた来てね。」

私 「はい。」

先生 「・・・・・。ん~、、でもやっぱりこの検査結果見る限りでは、
   陣痛始まってるようにみえるんだけどな~、、、、ほんとに痛くない??」

私 「いえいえ。大丈夫ですよ。」


ってね、、、私は先生の質問を軽くかわしちゃったんだけど、、
今考えるとね、


先生。あなたの診断は正しかったよ。


実は、もうこのときから、出産の瞬間が刻一刻と迫っていました。


そんな事情は気にも留めず、、
のんきな私は、午前中の検診の後、大きなお腹で
夫と牧場でキャッチボールをして走り回ったり、(今考えると、なんて恐ろしい・・)

ぐーーっっ!と子宮収縮の強い痛みを感じることはあったものの、
「まぁ、こんなもんか。」と相変わらずのんきに、一日中、夫と一緒に外をウロウロして、
とっても楽しいときを過ごしたのです。

夜は、臨月のお腹で、寝苦しいということはあるものの、
一日遊びつかれたので普通に朝まで就寝。


そして次の日の朝、、、


そのときは、、、


突然やってきたのです!!!



つづく・・・・・・


クラウン ブログランキング参加中です クラウン

    にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
↑↑一日1ぽち応援クリックいただけると、育児の励みになります↑↑
    ↑↑ありがとうございました↑↑
| ホーム |
Copyright © 不合格.mama. all rights reserved.
【Template by はなまるプリント
topへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。